外壁リフォーム

【手稲区前田】コーキング打ち替え工事

2020-07-23

コーキング打ち替え工事が行われました

外壁コーキングの耐用年数は7~10年ほど。長くて12~15年ほどと言われています。

家の寿命を長く保つために,定期的にチェックしたり,打ち替えなどのメンテナンスも欠かせません。

 

もしコーキングを補修しないで劣化したまま放置しておくと,どうなるのでしょうか?

コーキングを劣化したまま放置すると,やせて縮んだ部分やひび割れた部分から雨水が侵入し,家の構造が腐り,家の寿命が短くなります!「シロアリの発生原因」にもなりかねません。

古くなったコーキング材を全て取り外し,完全に新しくするため,工事費は少々かかりますが,対策をきちんととれば大丈夫ですので,過剰な心配はいりません。外壁の目地の隙間をしっかり埋めてメンテナンスを施せば,防水性や柔軟性をまた確保できます。

 

 

 

 

 

 

外壁リフォーム

2020-05-18

外壁のリフォームは大切です

お住まいで定期的にメンテナンスが必要なものはたくさんあります。外壁もその一つ。新築から10年置きに外壁塗装をして,美観と機能を保つことをお勧めします。そうすれば,新築当時のお気に入りの外壁を長く使用し続けることができます。

それでもいくら外壁を塗り替えても,外壁自体の寿命はやってくるものです。

 

 

外壁工事にはどんな種類があるの?

 

一般的に2つの工法があります。

「外壁の張替え」 これまでの外壁を全て撤去し,新しい外壁に張替える工事です。

「外壁の重ね張り」 これまでの外壁はそのままにして,その上から新しい外壁を張っていく工事です。

どちらの工法もメリットとデメリットがあります。ハウスプランでは親切丁寧にご説明し,施工までトータルサポートいたします。

 

現在,倶知安町で「外壁の重ね張り」工事が行われています。重ね張りの場合,一般的には金属サイディングが使用されます。ガンメタリック色のサイディングはイメージも一新されて,カッコイイですね!

 

 

 

 

 

 

アリ被害になる前に

2016-09-14

小さなアリといえども木を食い尽くしてしまいます。札幌市では小さな黒いアリです。

よく「門別さん、アリが出てきたんだけど見てくれる?」と

大切な構造体の柱や梁をすべて食いつぶして、何も無くなっていたという現場を私も数多く見てきました。壁を開けてみてビックリなのです。

写真は、今現在、進行中の札幌市東区のN様邸です。お気の毒ですが、このような状態に

なっておりました。梁や柱を入れ替える工事をする必要があります。

アリ被害

アリ被害

アリ被害

アリ被害

お客様にも実際に見ていただくのですが。「きゃー!」と叫び声をあげられます。

ま・さ・か、そこまでなってないと思うのでしょうけど、家の中にチョロチョロと、

アリが出てきていたら、もうかなり危ないです。

アリ被害

アリ被害

とてつもないアリが繁殖して、柱や梁を食いつぶします。女王アリも必ずいます。

では、アリ被害になる前に何ができるでしょうか?

答えは、定期的な壁のメンテナンスと点検です。

アリは水が付いている木を好みますので、構造体に水が侵入しない対策とメンテナンスが欠かせません。

アリ被害

アリ被害

こうなってからでは遅いですので、何でもそうですが、高くつく前に、こまめに、

コーキングをする、塗装をするなどの定期的なメンテナンスと点検をお勧めいたします。

それしかありません。

札幌市では黒い小さなアリが出ます。

では、皆さん、アリ被害になる前に定期的なメンテナンスと点検をお勧めいたします。

何をどう点検メンテナンスしたらよいかということは、良心的な業者さんなり工務店なりに

相談いたしましょう!

 

 

 

 

お問合わせ

札幌市の住まいに関するご相談はハウスプランへ新築・リフォーム・水周り工事・外壁塗装・雨漏り、各種修理や工事を承ります。

Copy Right (c) HOUSEPLAN All Rights Reserved.