北海道の屋根

屋根からの落雪対策

皆さんこんにちわ!札幌市の地域密着型工務店の門別です。

今年は雪が多いですよね。

今日は屋根からの落雪にお悩みの方が非常に多いので、

屋根からの落雪対策について、何日かに分けて連載させていただきます。

 

皆さんもお気づきの通りですが、

最近の北海道の天候、天気、雪の降り方、風の吹き方、かなり変わってきてますよね?

 

そうしたことを踏まえて、ハウスプランではこれまでの傾向、

施工例、お客様の声から総合判断し、

経験と実績を踏まえ、北海道の家を建てる技術集団として

屋根の形、構造、板金の種類、などなど、日々、勉強、徹底分析しております。

ただ単に、見栄えがかっこよい、「北海道はスノーダクトでしょ!」のような

単純な考えでは通用しなくなってきてもおります。


※スノーダクトを否定するわけではありません。私もスノーダクトの家をたくさん造ってきました。


落雪対策もさておき、屋根の形によってコストつまり、全体の総工事費用も

変わってくるんですよ。

最近では新しい材料も開発され、今までは考えられなかったような

屋根の形状もできるようになっています。

そこで、私が皆さんにお勧めするのは、隣との境界があまりないような、住宅街であっても、

屋根の落雪対策として、「三角形屋根の無落雪」をお勧めしたいと思います。


???「三角屋根」と聞くと雪が全部落雪してしまうじゃないか!?と思うかもしれません。

でも大丈夫です!

 

このような三角形屋根をお勧めいたします。

 

無落雪三角屋根

無落雪三角屋根 Tルーフ

こちらは、弊社が2016年建てさせて頂いた、注文住宅です。

施工写真はこちら

お客様の声はこちら

IMG_0302

(写真は無落雪でTルーフという屋根材を採用しています。)

三角形屋根でも無落雪にする画期的な方法が二つあります。

それは、、、、、、、

「ストッパールーフ」「ステイルーフ」「Tルーフ(LIXIL)]です。

写真は、ストッパールーフです。

 

無落雪ストッパールーフ

無落雪ストッパールーフ

無落雪対策にTルーフ

無落雪対策にTルーフ


もし、ご興味がありましたら、お問い合わせください!

お問い合わせ


今度あなたのお宅にお邪魔できる機会がありましたら、

材料と施工例など、ご説明します。

実際の現場や、施工後のお客様のお宅にもお連れできますよ。

とはいえ、

ニセコなどの隣と隣が空いてるところは、板金の材料は「長尺」にして下さい。

バンバン雪が落ちるようにしてあげてください。

おさらいです。

北海道の屋根の無落雪対策におすすめNo1は、

三角屋根。

使用する板金の材料は、住宅街では「ストッパールーフ」「ステイルーフ」「Tルーフ(LIXIL)]

田舎や別荘地であれば、「長尺」。

以上です。

雨漏り、すが漏り、一切おきません。家に負担がかかりません。

コストダウンにつながります。

三角屋根が北海道には一番です。

お問い合わせ

 

2017-01-18

お問合わせ

札幌市の住まいに関するご相談はハウスプランへ新築・リフォーム・水周り工事・外壁塗装・雨漏り、各種修理や工事を承ります。

Copy Right (c) HOUSEPLAN All Rights Reserved.